自動車のトランクをチェック

トランクの中身に注目する

中古車を購入するときには内装チェックも重要なことの1つです。これまで乗ってきた人が車をどのように使ってきたかが内装には表れます。内装チェックでトランクの確認をするときには、まず装備品を確認しましょう。トランクは、見にくいところに蓋がついており、その中に車の装備品が購入時には標準装備となっています。代表的なものはスペアタイヤ、車を持ち上げるためのジャッキ、故障などで止まった際に後方車両に駐車を表示する停車表示のマークなどです。これらが入っていない場合には、別途購入する必要があります。また、車のタイヤ盗難防止に利用するロックナット専用工具が入っている場合もあります。購入後不備があると面倒なので入念に確認しましょう。

汚れと匂いを確認する

車のトランクは、ワンボックスのように車内の空気と一体になっているタイプとセダンのようにトランクの部分だけが独立しているものがあります。トランクをほとんど利用したことがない車は、トランクルームが非常に綺麗であり、絨毯などに汚れがついていません。一方、頻繁に利用している場合には、スレ傷や汚れなどがついているケースがあります。業務車両などで匂いがする物質を置いていた場合には、その匂いが残ってしまっているケースもあります。車内に比べると重要な場所という意識の低いトランクですが、使い勝手と環境はとても大切です。子育て世代であれば、ベビーカーをトランクに収納するようなケースもあると思います。使いやすいかどうかを必ず確認しましょう。