自動車のシートをチェック

コゲた跡や臭いを嗅いでおきましょう

中古車を買う場合には、内装をチェックするという人は多いです。ハンドルやエアコンなどの確認は重要ですが、シートを見るだけでその中古車がどのように扱われてきたのかがわかる場合があるのです。例えばコゲ跡ですが、これがある場合はかなりの確率で喫煙車だったということです。臭いを嗅いで煙臭い場合も同様です。またファミリーカーだと、稀に糞尿の臭いがするケースがあります。これは車の中でオムツを替えたり、ペットが粗相をしていたりするのです。どうしても気になるなら、購入前にクリーニングをお願いしてみると良いでしょう。他にもシールを貼っている、落書きがある、ボールペンで引っ掻いたような跡があるシートは少なくないため、しっかり確認しておきたいです。

シートの動作確認は必須です

車種によって多少の違いはありますが、車のシートのほとんどはリクライニングができます。また前後だけでなく、上下に動くもの、中には百八十度回転するといったシートがあるのです。そこで購入する前には、必ずすべての動きをチェックしておきましょう。そしてその際に不具合を見逃してしまいがちなのが、手動で動くシートの場合です。電動ならエンジンをかけた時に異常を知らせてくれることが多く、壊れているのに気がつきやすいのです。ところが手動だと自分が触れるまで壊れていることに気がつきにくく、購入後に故障に気がつくことがあります。そのようなことを避けるためには、販売店のスタッフさんに教えてもらいながらチェックすると良いでしょう。